ひかり電話で通信環境を整える│契約をしてお得に利用

ウーマン

会社で必須となる設備

女性

オフィスに必要な通信機器

会社を起業してオフィスを構える場合には、オフィス用の机や椅子のほかにビジネスホンが必要となってきます。ビジネスホンは外部の人との電話に使うほかに、内線で社内に電話を回すことができるメリットが生まれてきます。そのため、各社員に1台のビジネスホンの設置が必須となってきます。しかし、起業して間もない会社では、初期費用を大きく掛けられない面が出てきます。そこで、ビジネスホンのリースを使うようにすると、費用を掛けずに設置をすることが可能となります。ビジネスホンのリースは専門の業者で取扱いがあります。また、リース業者ではビジネスホンの設置業務も行っています。そのため、リース会社の1社に依頼をするだけで、オフィスにビジネスホンを設置することが可能です。

企業による導入方法の違い

新規のオフィスにおいてリースのビジネスホンを利用する場合には、毎月のリース代が掛かってくることに注意をする必要があります。そのため、長期で利用することが決まっているケースでは、ビジネスホンを購入してしまった方がお得になります。購入する場合には新品と中古品のどちらかを選びことができますが、中古にすると安く導入ができます。しかし、ベンチャー企業などで事業が軌道に乗っていない場合には、ビジネスホンのリースを活用した方が良い面が出てきます。もし、事業を止める場合にはリース契約を打ち切るだけですむからです。また、事業が軌道に乗っていて、今後はオフィスを移る可能性がある企業でも、リースを利用した方が無難と言えます。