ひかり電話で通信環境を整える│契約をしてお得に利用

ウーマン

家計に優しい通信

通話している男性

通信の自由化を目指して

携帯と言えば、大手三社が挙げられます。携帯は昔は0円などという時代もありましたが、今は本体代が高く、分割で買う時代です。また、2年縛りと呼ばれるものも普通で、解約の際には解約時期を逃すと解約金を取られます。郵政も民営化し、電力も自由化となった今、通信はどうかというとこちらも徐々に自由化の波が押し寄せています。MVNOという言葉も最近よく見聞きするようになりましたが、これは通信も自由に選んでいい時代がやってきたと言えるでしょう。MVNOの特徴としては、何と言っても大手よりも通信費が安いということ。SIMフリーカード対応の携帯を今持っているのであれば、SIMカードを通信会社から購入し、月々自分に合ったプランを申し込むだけで済みます。

通信費削減のために

MVNOの会社は現在増えていて、どれを選んだらよいか迷う人は多いですが、自宅にインターネットを引いているひとであれば、その会社が行っている場合があるので、調べてみると良いです。MVNOでは携帯端末もセットで売っているところもあるので、SIMフリーカード対応の携帯でない場合はセットで購入した方がお得です。通話もつけられるプランがありますが、通話料にかんしては昔の電話代と一緒で、かけた分だけ支払う形になります。あまり電話をせず自宅にwi-fiがあるような人はMVNOに乗り換えた方が通信費は安くなります。通信速度を気にする人もいますが、基本的には大手の携帯電話会社の電波を使っている会社がほとんどなので、通信速度はそれほど気になりません。様々なMVNO参入会社から、自分に一番合ったプランを選ぶことが大切です。